未来家具

ものづくりを通して森づくりを


「未来家具」は2012年に5組の若手木工家で立ち上げたグループです。
地域の針葉樹を使った、木育ワークショップや次世代に残したい家具や小物の提案をしています。

私たちが家具作りに使う木は、主に広葉樹です。
その広葉樹も日本の山で採れるものが、だんだんと少なくなってきています。

一方、里山には人工林の森。
太陽が当たらない地面には下草が生えず、虫も動物もほとんど見かけない静かな森が多く残っています。

「未来家具」では、森とモノとヒトを繋げる活動をしています。

■木育ワークショップ
■地域の針葉樹を用いた商品の共同開発
■森を楽しむイベント



※ 共同開発商品 スツール「tunagi」



※ 木育ワークショップの様子

― 子供たちに豊かな広葉樹の森を残したい。
持続可能な暮らしのあり方を、
ものづくりや森での活動を通して、皆さまとともに考えていけたらと思っています。
応援よろしくお願いします!



facebookページへ インスタグラム