木のこと 手入れのこと

お取り扱いについて

何十年も生きた木が、私たちの手で家具に生まれ変わり、新たな歴史を刻んでいきます。
こうして生まれた家具は、時間の経過とともに更なる価値を生み、受け継がれて行くことでしょう。
末永くご愛用いただきたい・・・そんな思いからここでは、主に使用する木材・オイルの知識、
お取り扱い方法をご紹介しています。
無垢の家具は取り扱いが難しいと敬遠される方もいるかもしれません。
素材の性質をよく理解していただければ、使うことの楽しみがまた一つ広がっていくような気がします。



木材について

ファーストハンドの家具や小物は、できるだけ国産の木材を使用しています。
主に使用する木材をご紹介します。


クルミ

広葉樹
はっきりとしない木目が優しい印象を与えます。家具に良く使われるのは心材と言われる所で、褐色をしています。果実は核の中の子葉は食用や油を搾ったりします。クルミ油は小物の仕上に使うことも出来ます。テーブルやソファ、小物など。


サクラ

広葉樹
飴色が美しい木材です。粘りがあって狂いにくく、導管が細かく均一で滑らかな木肌をしています。硬いけれど加工性の良い木材です。使い込むほどに濃い飴色に変化します。椅子やテーブル、小物など。


クリ

広葉樹
水に強く重硬な材です。かつては家の土台や線路の枕木に使われてきました。とても硬いわけではなく、繊維が通っていて加工性も良いです。優しい中に力強さを感じる濃い木目を持っています。タンニンを多く含み、年数が経つと徐々に色が濃くなり、栗色から黒褐色に変化していきます。
テーブルやソファなど。


ナラ

広葉樹
狂いが少なく、木目が美しいのが特徴。米国のオーク材とは目合いが異なり、北海道のミズナラは世界的に良質材として認識されています。
トラフと呼ばれる美しい木目が表れます。木目は細かくきれいです。黄色みを帯びたナチュラルな茶色の木材です。椅子やテーブルなど用途を選びません。


イタヤカエデ

広葉樹
ピンク味がかった光沢のある色白の木肌が美しい材です。まれに美しい杢が出ます。とても硬い材なので楔にも使われ、昔はスキーの板としても使われていたそう。
椅子やテーブルなど。


ヒノキ

針葉樹
耐湿、耐水性が良い日本特産種の針葉樹です。寺社建築や造作材、建具材として使われています。特有の芳香を持っています。テーブル天板や間伐材を利用した小物など。


スギ

針葉樹
日本特産種の針葉樹で心材は淡い紅色~赤褐色。軽くて軟らかい材です。建築用材や内装材として主に使われています。間伐材を利用した小物など。



オイルについて

ファーストハンドでは、木の自然の風合いをそのまま活かしたオイル仕上げをお勧めし
ています。誰でもムラなく手軽に塗ることが出来、ご自身でのメンテナンスが可能です。

器やカトラリー類は、えごま油やクルミ油などの食用油を塗って仕上げています。
お使いいただくうちに油分が抜けていきますので、時々メンテナンスしていただくことをお勧めします。

家具に使用するオイルは、身体に優しい出来るだけ自然のものから作られている商品であること、
土に還るものであることであることを基本に「オスモカラー」を使用しています。
http://www.nihon-osmo.co.jp/

オスモカラーの特徴

含浸性塗料

木に浸透してよくなじみ、しかも木の呼吸を妨げません。
自然なツヤを与え、木の持つ自然の風合いをいつまでも新鮮に保ち続けます。
木の特質である調湿機能を損ないません。

安全性

自然の植物油ベースにした無公害塗料です。
ISO9001とISO14001の認定品で、安全で環境にやさしい塗料であることが証明されていま
すので安心してご使用いただけます。

植物性ワックス

含まれているカルナバワックス、カンデリラワックスは植物性のワックスです。
親水性で油分を保持する能力を持ち、加えて優れた光沢特性をもった天然素材です。
撥水性に優れ、万が一ご家庭で液体をこぼしてしまっても、はじきシミになりません。

溶剤は非芳香性ホワイトスピリット

使用されている溶剤は精製度の高い非芳香性ホワイトスピリットで、ベンゾールを含
まずドイツ薬物規格第10項に適合した環境基準をクリアーしています。
柑橘油、テレピン油などの匂いがきつく、アレルギーを引き起こす溶剤は使用してい
ません。

木の専門家によって開発

ドイツで最大手の木質建材メーカー「オスターマン&シャイベ社」により約35年前、
木をよく知る専門家の立場で開発された、木を活かす理想的な木材保護塗料です。



メンテナンスについて

表面の滑らかさが失われたときや、撥水効果が弱く色褪せが現れたとき、傷がついて
しまった時など、ご自身でのメンテナンスが可能です。
汚れに応じて、また四季ごとのように定期的にお手入れして下さい。
普段のお手入れは乾拭きで結構です。

【手順】

  1. 埃や汚れを取除く
  2. 気になるキズや汚れはペーパー処理
  3. ウエスにオイルを含ませてムラなく塗る
  4. オイル塗布後、きれいなウェスで拭きあげる

※使用したウエスは自然発火の恐れがあります。
必ずたっぷり水につけてから処理して下さい。



facebookページへ インスタグラム