日記

スギの枝でスツール作り

2016.05.30 【カテゴリー: 未来家具

いよいよ今年も始まります「木工家ウィーク」。

「木工家ウィーク」は、2008年から始まった、木の家具から始まる豊かな暮らしのあり方を、木工家と共に考えるイベント。
今年は『未来家具』として、ワークショップの企画に参加します。

◎どちらも6/4(土)1日限定◎お間違え無く!

【スギの枝のスツール作り】※要予約
ヒノキの座面とスギの枝を使ったスツールを作ります。
〇参加費:おひとつ¥6,500(税込)
〇お希望の回をご予約下さい。
 第1回目10:30~ 限定5台
 第2回目13:00~ 限定5台
※限定数ですので、お早めにご予約下さい。



こちらは飛び込みOKです!

【ヒノキのカッティングボード作り】
ヒノキの板を切り出して、カッティングボードを仕上げます。
〇参加費:おひとつ¥2000~3000(税込)
〇ご予約は必要ありません。当日、会場までお越しください。

【お申込み・お問い合わせ】
未来家具(ミライカグ)
miraikagu5@gmail.com
スギの枝のスツール作りのお申し込みは、
「ウッドワークライブ申込」のタイトルで
①希望の回
②台数
③参加人数
④お名前
⑤ご連絡先
を明記の上、ご予約下さい。

以下、主催者より******************************************

『ウッドワークライブ -国産材をもっと知ろう-』

木工家がつくるウッドワークショップです。

国内の森林の保全・保護はとても大切な事です。また「ものづくり」の根源であり、日本の文化・伝統でもある「木工技術」の継承と発展は私たちの暮らしを豊かにして来ましたが、国産材と同じく今では忘れられそうな一面もあります。

そんな思いを、木工家による様々なワークショップを通じてみなさまと共に考えていきたいというイベントです。

また、会場内では日ごろから国産材にこだわって制作している木工家の作品も展示しています。
是非、お楽しみ下さい。

【開催概要】

〇期間:6月4日(土)・5日(日)
〇時間:10:30~16:00
〇会場:長者町 吉田商事(株)内 特設ギャラリー
〇所在地:愛知県名古屋市中区錦2丁目6-10
〇アクセス:地下鉄東山線・鶴舞線「伏見」駅1番出口より徒歩5分
〇連絡先:090-8323-5253(都築)

木工家ウィークの詳細はこちらから↓↓
http://woodworkers.jp/program/y-2016/program-88



tsunagi

2014.09.29 【カテゴリー: 未来家具

2011年、5組の木工家で立ち上げた『未来家具』。
「ものづくりを通して森づくりを」をコンセプトに、それぞれが住む地域の針葉樹を使った次世代に残したい家具や小物の提案や、木育活動をしています。

共同開発した針葉樹のスツールが、ついに販売に向けて動き出しました☆



国産スギ材でつくったスツール ~Tsunagi

一般に流通する板の幅は、約20㎝前後。
この幅の狭い材料を利用して、腰掛けるに十分な奥行きを確保するために、
板から3角形の部材を切り出し、パズルのように組み合わせて。
3枚の薄い板を組み合わせた板立てのシンプルなデザインはどんな空間にも馴染み、パーツ同士が作るラインの繋がりが、よりスタイリッシュな印象に。



さらに、釘やネジなどの金物を一切用いず「木組み」の工法を利用。
補強のための隅木は、「あり組み」を用いるなど、木本来の力で強固性を持たせています。
丈夫でかつシンプルな構造は、スタッキング(積み重ね)を可能にし、収納スペースを取りません。





針葉樹の”軽くて柔らかい”という特性ゆえ、
女性でも軽々と片手で持って、持ち運びが自由。
腰掛けると、お尻の当たりもふんわりと柔らかく、ほんのりと温かみを感じます。

ちょこっと座り用のスツールとして。
玄関での靴の脱ぎ履きや、踏み台として。
ソファやベッドサイドのテーブルとて。
様々なシーンで活躍してくれるスツールです。

サイズ W500×D250×H340
樹種 国産スギ材
仕上げ オイル仕上げ(ドイツ・オスモ社)
価格 ¥16,000(税抜)
※スギ材の特性を活かした仕上げになっていますので、傷が付くことがございます。
ご理解いただいた上、お買い求めください。

現在、販売に向けて準備を進めています。
商品のご注文や詳細は、直接お問合せくださいね。



「未来家具」のワークショップ

2014.09.14 【カテゴリー: 未来家具

名古屋・久屋大通で開催された「環境デー・なごや」に『未来家具』で出展しました。

地域の針葉樹を使って、親子で楽しめるワークショップを行いました。
中でも「こま作り」と「たまごみがき」は人気でしたよ。

これからも様々なイベントで『未来家具』のワークショップをしていきますので、
どうぞよろしくお願いします。




『未来家具』で共同開発した針葉樹のスツールも、
なかなかいい評価をいただきました。

いよいよ発売に向けて、準備をしていきます!
どうぞお楽しみに♪




facebookページへ インスタグラム