日記


八百江食堂
-夏のお客様感謝祭-

しとしと雨の降る中、1日限りの八百江食堂がオープン。
お越しいただいた皆さま、ありがとうございました!

この土地で米作りに励んでいる八百江店主の想いを、田んぼの風景を、水の冷たさや吹き抜ける風を。
美味しいお米の生まれる背景には、様々な苦労もあって。

八百江食堂では、八百江のミネアサヒ、旬の野菜やジビエなど、出来る限り地のものを。
足助の山からいただいた草木花を。
『マルトミごはん』として、花師のカカムトモエさんと共に
お料理と装飾をさせていただきました。

【Special thanks】
食材を提供いただいた皆さま(敬称略)
八百江
いのはな農園
うさぎや菜園
くらら農園
徳八農園
はやと農園
兼周
山恵
ご協力ありがとうございました。



ひとつのおむすびから。

八百江食堂では
炊きたてのごはんに好みの具を入れて、その場でおむすびを結ぶ、LIVEおむすびを。

手にいっぱいごはんをつけて頬張る子、大人たちも幸せそうにおむすびを口に運ぶ。
いくつおむすび食べたんだろう、って言うくらい握って。
食材のこと、調味料のこと、レシピまで、、そこから生まれる会話も楽しいひとときとなりました。
誰かを想って結ぶおむすびは最高のごちそうですね。

これからも『マルトミごはん』の活動にご期待ください♪